MHW 背番号47 泥水を飲む思いで闘技大会消化。

モンハンシリーズで(私が)最もつまらないと感じるコンテンツそれは闘技場。
今回は闘技大会と名前を変えて存在してしまいました。

すべてはこれを作るために・・・。

画像


以前ブログで書いたと思うんだけど、モンハンのクエスト攻略というのは事前準備の段階で80%は終わってるようなものだと思ってます。
アイテムや装備の構成を考える段階で攻略の成否は決まると言っても過言ではないと思う。

闘技場では用意された武器とアイテムで用意された敵を攻略しなくてはならない。

訓練所でしたっけ昔のやつは。
剣聖のピアスとか取ったこと無いです。
天上天下も取るのをあきらめてました。そしてジョー太刀作って満足しちゃいました。

今回だって、全部クリアしなければならない仕様ならやるつもりは毛頭ありませんでした。
スキルシミュをするたびに要求されるブリゲイド胴を作るために、ほんの少し我慢をしてみようと思って糞やックとレウスを連戦。
糞やックはハンマーで1回、太刀で1回、弓で1回クリア。
弓ってこんなに弱かったっけ?これ完全に2人でやることを想定したサポート仕様でしょ・・・。

そしてレウス亜種ですが、双剣で2回ほどクリアしてきました。
双剣のスキルを少しでも上げておいてよかったと本当に思った。
しかしこれをやって思ったのも、この双剣もサポート向けの構成じゃないか???
アイテムに麻痺ナイフや睡眠ナイフあるんだもんなぁ。
殆どのクエが二人でクリアすることが前提という構成で、一人でクリアしたのが少々あほらしい。
1人でやってもマルチ用の体力設定で出てくるというのがこの闘技大会の嫌なところ。

そして画像の通り、なんとかブリブリを作成したんですけどこの手のコンテンツはやはり好きじゃないなぁ。
自分で装備やアイテム構成を考える楽しさや自由度が無いのがね。とてもつまらない。
この意見、何も今作で急に言ってることではなくモンハンの新作出るたびに口にしている恒例の愚痴だったりする。
進歩無いってことでしょうかね(私が)