★こんにちは妖精さん☆

アクセスカウンタ

zoom RSS プロ野球界の展望 パリーグ編。

<<   作成日時 : 2017/04/26 01:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

セリーグ編を書き終わった時に後悔をしました。
このペースで書いていったら一体寝るのは何時になるっちゅうねん。

画像


手短にまとめる予定です。

1位の楽天。
打線をけん引するのは2年目の茂木とペゲーロの二人。
茂木は3割30本塁打いけるんじゃないかという逸材。
アマダ―、ウィーラーの調子がイマイチだが脇を固める銀次や岡島が絶好調。
投手陣はいまのところ無失点の松井が好調。
個人的にずっと眼を付けていた投手がいるんだけど、今年は辛島が調子良いんだよねぇ。
則本岸らが本格的に力を発揮しだせば優勝もあると思う。


2位のオリックス。
今年一番強いのはオリックスかもしれない。
金子、西、ディクソンが好調。松葉も好調。
T−岡田が絶好調で、中島小谷野等の移籍組も今年は好調。
惜しむらくは去年のドラ1吉田・・・。
彼がいればかなりの確率で優勝が見えたのではないかな。

3位の西武。
意外なことに、先発投手中継ぎ投手の防御率がリーグ1位。
130キロ後半の直球で空振りをとれる大石に注目してる。まだ自責点0だよね?
他には牧田、武隈、シュリッターといまだ無失点を続ける中継ぎ陣が強力。
いやぁ、信じられないね西武の中継ぎ陣が強力なんてさ。時代は変わるもんだ。
現在は週5で試合をしていたため、先発5枠でなんとかこの位置にいれたがこれからはそうはいかなくなったので6番手投手の調子次第だと思う。
野手の潜在能力が高いので、このまま投手陣が調子をキープすれば優勝も有り得ると思う。
いや、さすがに優勝はないかw

4位のソフトバンク。
和田がいなくなって武田もいなくなればこの通り・・・ってか。
今のソフトバンクを見てると、大企業病という言葉を思い出すんだよね。
戦力は揃ってるけど、それを十分に活用しきれていない感じ。
戦力的にはリーグ1位であることは間違いない。
一昨年の工藤監督の言葉が忘れられないのだが、「チャンスに打てないことは問題じゃない。そういう印象が残るということはチャンスをたくさんつくってるということだ。チャンスをたくさんつくってることをむしろ評価したい。」と。
だが現状を見ると柳田、中村の出塁率を考えるならもっと点を取ってしかるべきだと思う。

5位のロッテ。
オープン戦の好調を考えると信じられない順位。
でも今思うとあの時のロッテも決して点を取りまくっていたわけではなかった。
投手陣のコマはそろっているので上位に上がる目はまだ残っていると思う。
佐々木千早は新人王をとれる可能性がかなり高い。
問題になるのは・・・、打線ですね・・・。角中と清田、去年と一昨年爆発した二人が全く打たなくなったのが痛い。
点が取れなきゃ野球は勝てないのに、今のロッテではろくに点を取れる気がしない。


6位は日ハム。
チーン。
と冗談でおりんを鳴らしたいレベル。
大谷の離脱が痛かった。
近藤一人だけしか打たない打線。
打たれまくって1勝もできない開幕投手。
2軍レベルの選手たちを栗山マジックでなんとかしてくれというのは無理やないか。
去年は1軍でトップクラスの活躍をした選手たちが軒並み2軍でも活躍できるかどうかわからないレベルまでダウングレードされた印象を受ける。
近藤だけが白鳥。
借金がひどいうえに、上を目指せる材料が無さ過ぎるのでこれは本当にキツイ。


セリーグの戦力分析に比べるとパリーグのほうは辛口になってしまったかも。
順位予想は、
1位オリックス 2位ソフトバンク 3位西武 4位楽天 5位ロッテ 6位日ハム
という感じ。
3位と4位は入れ替えてもOK.。3位〜5位までは分からないと思う。
いやしかしまさか。
いやしかしまさかオリを1位に予想するとかありえんね。シーズン前の予想だと最下位だったし。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
プロ野球界の展望 パリーグ編。 ★こんにちは妖精さん☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる